不動産担保ローンは不動産を担保にしてお金を借りる方法

お金を借りる方法はいろいろとあります、例えば不動産担保ローンは不動産を担保にしてお金を借りる方法です。

クレジットカード会社のクレジットカードでショッピングをしてカードで支払えるのは、個人の信用を担保にしているから、これはクレジットカードのキャッシングや分割払いなども同じです。

ですから、クレジットカードでは年収の3分の1までしかキャッシングや分割払いが出来ないのですが、不動産担保ローンは不動産が担保になりますから、ローンで借りられる金額は不動産の価値ということになります。

ですから、年収などの確認があったとしても、基本は不動産に価値があるかどうかが問題となり、担保価値の評価の仕方は各社違います。

不動産担保力というのが、借りられる金額を決めますのでシビアですが、借りたお金の使い方は自由なので自由度が高いローンとも言えます。