安い松坂牛には気を付けて?

松坂牛は但馬牛が使用されていましたが、規約の変更により九州産の但馬牛系の牛が多くなり、さらにランクの基準がなくなりCランクでも松坂牛を名乗れるようになりました。

また三重県中勢地方中心として旧22市町村や旧飼育者が飼育したもので、松坂牛個体識別管理システムに登録されていれば、松坂牛と言えるようになってしまいました。

その結果あまりに安い店の場合、本来は松坂牛と言えない牛肉が出されてしまう可能性もあり、実際に松坂牛は美味しくない、と感じてしまった例もあったようです。

ですが実際の松坂牛はその高い評価が証明されているように、美味しく味わえる牛肉です。

ただその分価格も高くなっており、安い松坂牛はランクの低い肉質の松坂牛と言って良いでしょう。

実際に取引の際は肉質で価格が決まりますので、赤字になる価格をつけるわけはないのです。

その為美味しい松坂牛を味わいたい場合は相場の単価を承知し、値段を支払い食べる方法が良いでしょう。

食べて失敗した松坂牛は格安な店の場合が多いようです。

高いレベルの松坂牛は品の良い霜降り肉であり、肉の甘さと食感がよく高品質の牛肉である事は食べてすぐわかります。

松坂牛を専門に扱う店もありますので、予め口コミなど評価のチェックをした上でお勧めの店を選びましょう。

価格に恥じない味わいが保証されているはずです。

松坂牛と言っても良いもの低いレベルのものがありますので、真の松坂牛は今の基準では全体の6%程しか存在しません。

貴重な牛肉ですので、どうしても価格は高くなってしまうものなのです。